NEWS

【Q&Aでわかる】ランニングとウォーキングの違い。

2021.03.31

2021430日(金)から開催される「CW-Xバーチャルマラソンのエントリーが、3月17日(水)よりスタートしました!今回は、10日間「10㎞を走る」「10㎞を歩く」2つのメニューからお選びいただけます。

ぜひ、初めての方も目的や目標をもってチャレンジしてみませんか?

*******************************************************

◎CW-Xバーチャルマラソン<10キロウォーキング>の理想的な目標設定のしかた

10日間1日1キロ、約10~15分を目安に、少しずつ増やしていくイメージで。

いけそうなら1日2キロ、無理なら1キロのままで。それも無理な場合は500mでもOK!

その後もあきらめずに増やしていくことが大事です。

まずは1日目のスタートが肝心!これならいける!というペースで進めていきましょう!!

*********************************************************

MicrosoftTeams-image_1_400.jpg

Q.ランニングとウォーキングの一番の違いは?

一番の大きな違いは、両脚が同時につく瞬間があるかどうかです。ウォーキングは両脚が同時につく時期があり、ランニングでは両脚が同時につかない時期が存在します。

もっとわかりやすく言えばランニングは連続ジャンプを繰り返しているようなイメージです。

ランニングとウォーキングでは動作として大きく違うので足にかかる負担もかわってきます。

--

Q.ランニングとウォーキングではカラダへの負担はどれくらい違う?

速度や歩幅などにもよりますが、ウォーキングは体重の1.2~1.5倍程度、ランニングでは体重の2~3倍の負荷がかかると言われています。

基本的にランニングの方が負担が大きくなりますので、これから始めたいと思っている方は、ウォーキングからスタートして、ランニングを行う際はフォームや速度など、十分に注意してください。

--

Q.ウォーキングでカラダを痛める場合もある?

ランニングもウォーキングも体重以上の負担がかかりますので、どちらも過剰になると故障につながりやすくなります。

【距離(量)】×【強度(質)】で故障がおきます。

ケガの要因としては、外からの力が加わり着地時の衝撃から筋肉や関節に痛みが出てくるケースが多いため、自分のカラダ(体重)を支えられる筋力や柔軟性も必要です。また、誤ったフォームや不適切なシューズでも故障のリスクが高まります。予防の方法として、筋力の向上、ウォーミングアップやクーリングダウンを十分に行うことが必要です。

--

MicrosoftTeams-image-(1)_400.jpg

Q.ランニングシューズとウォーキングシューズは分けた方が良い?

普通のスニーカーで歩くことも可能ですが、歩く場所にもよります。

普段の歩くという動作ではなく、駅まで歩くなど日常生活の中でできる運動としてのウォーキングもありますが、30~40分の運動として捉えた場合はある程度の量になりますので、効率よく動きやすいスタイルがおすすめです。

最初の15~20分ならスニーカーでも歩けなくはありませんが、運動は一時的に行っても意味がないため、継続することを重視し、そのきっかけとしてランニングシューズを選んでいただく方が長続きしやすいかもしれませんね。

--

Q.ランニングはフォームが大事と聞きますが、ウォーキングにもフォームはある?

ウォーキングもランニングも不適切なフォームは故障を招くリスクがあります。ウォーキングのフォームで最も大切な点は、「歩幅を広げて」歩くことです。歩幅を広げて歩くことで、足と腰の筋力強化としての効果も期待できます。それ以外に気を付ける点は、「背筋を伸ばす」、「かかとからしっかりと着く」などがあげられますが、目線は「まっすぐ前よりも少し斜め下」にすると頭がいい位置にキープできます。

正しいフォームを意識して、有酸素運動の効果を高め、故障のリスクを減らしましょう。

--

Q.運動時のエネルギー消費量をあげるためにはどうしたらいい?

運動時のエネルギーは距離(量)、強度(質)が向上すると消費量は増えます。ただし、カラダへの負担も大きくなるため、無理をしないことが重要です。また、脂肪燃焼を目的とする場合は、ランニングやウォーキングなど有酸素運動の前に、腹筋やスクワットなど筋力トレーニングを行うと脂肪が燃焼しやすいと言われています。

夏場では汗の量が多くなり、エネルギー消費量が多いように感じますが、汗の量はエネルギー消費量とあまり関係がないと言えます。

例えば、夏に汗をかくと体重は減ります。それは体内の水分が失われているだけなので、その分、水分補給しないと熱中症になる恐れがあります。特に、夏場は体重の変化にも注意してください。

--

これから、2021年4月30日(金)の「CW-Xバーチャルマラソン」スタートまで、いろいろなアドバイスをいただく予定です。

ぜひチェックしながら準備してくださいね!!

****************************************

MicrosoftTeams-image_300.jpg

講師:高尾健司さん/株式会社ブルーミング代表

旭化成陸上部時代には数々の輝かしい成績をおさめ、引退後はランニングクラブの運営や、

大学でスポーツ健康学の研究を行うなど、多岐にわたり活躍

****************************************

高尾憲司オフィシャルブログ「教えて!高尾ランニング博士!」

https://ameblo.jp/takaobloomingkenji/

Wacoal
↑TOP