NEWS

CW-X SPECIAL MOVIE 「Every runner has a story」公開

2018.09.12

CW-X SPECIAL MOVIE 「Every runner has a story」

出演:青野楓・望月芹名

楽曲:川嶋あい「BIRTHDAY」

ランナーを応援するSPECIAL MOVIE 「Every runner has a story」を公開しました。

ランナーひとりひとりに様々な物語があり、そのうちの一人の女性の京都マラソンに参加した物語にフォーカスした作品です。

CW-Xはすべてのランナーを応援しています。

---------

川嶋あいA写(縦)_400.jpg

▼川嶋あいさんのプロフィール

路上シンガーソングライターの草分け的存在である川嶋あい。
2001年ふるさと福岡を離れ上京。路上ライブ1000回を目標に音楽活動に取り組む。
2003年にI WiSHのaiとして人気番組の主題歌「明日への扉」でデビュー。
2006年からは本格的にソロ活動をスタート。
代表曲としては、「My Love」「compass」「見えない翼」などがある。
特に「旅立ちの日に…」は卒業ソングの定番曲として、
今でも卒業式で歌い継がれる大人気曲となっている。
2018年でデビュー15周年を迎え、
6月27日に全シングル曲30曲を収録したベストアルバムを発売。
8月20日には2000人を動員した人見記念講堂ワンマンライブを成功させた。

▼川嶋あいさんからのメッセージ

―楽曲『BIRTHDAY』について
この度、ワコールさんのイメージソング「BIRTHDAY」を書き下ろさせていただきました。
”夢への再生”をテーマに、メロディーと歌詞を書いてゆくにあたり、これはどんな人にも訪れる、
普遍的で決して特別ではない1つの通り道のようなものなのかもしれないと気付きました。
誰にでも、自分が生まれた誕生日があります。
でも、人生を歩んでゆく中で、その日付とは違う、もう1つの誕生日があってもいいんじゃないか。
自分自身の中にあるありったけの勇気を出して、新しいスタートを切った時、、、
それがきっと、自分の誕生日になる。そんなことを想いながら大切に作った曲です。
このような機会を与えてくださったワコールさんに心から感謝しています。
聞いてくださるそれぞれの皆さんの心の中にある、
唯一無二のストーリーと、この「BIRTHDAY」がほんのわずかなカケラでも結び付くものが
あったなら、とても幸せに思います。


―ランナーに一言
私も走ることがやめられないランナーです!!
苦しくてもしんどくても止まらずに、なんとか気持ちだけでも前に進もうとする
あの感覚を、ランニングを通して初めて知ることができました。
あきらめなければ、必ず、ゴールラインを踏むことができるんですもんね。
そんな所が好きです。
無理をせず、自分の気持ちのいいペースで
これからも一緒に楽しい”Run”をしてゆきましょー!!

---------

青野楓宣材画像アップ2018.jpg

▼青野楓さんのプロフィール

雑誌「with」のレギュラーモデル等、モデル活動を経て、映画「ハイキック・エンジェルス」で女優デビュー。

2017年には映画「阿修羅少女」にて主演を務めた。

以降、2018年関西テレビ「シグナル 長期未解決事件捜査班」、フジテレビ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査」、テレビ朝日「ハゲタカ」、映画「ニセコイ 」(2018年12月公開)等に出演。

青野楓さんからのメッセージ

撮影の感想

一番思い出に残っているのはマラソンシーンです。

実際にフルマラソンを走りました!撮影だったのでフル走る必要はなかったのですが、やってみたいという私の気持ちからスタッフさんたちがサポートしてくださる中、走ることができました。初めての経験で、辛い時もありましたが役に重なる部分もありリアルな表情になったと思います


―ランナーに一言
完走することで乗り越えられたという自信がつきました。迷っている方は是非マラソン大会に参加してみてくださいね!マラソンの後半になるとフォームが崩れがちですが、CW-Xのウエアのお陰で崩れずに走れました!一度是非着てみてほしいです!

---------

image1.jpg

▼望月芹名さんのプロフィール

173cmの長身を生かし海外ブランドなど数々のコレクションショーで活躍。ファッション誌、広告、CMなどに多数出演し、ドラマやラジオなど様々な分野で活躍の場を広げている。2018年6月には、雑誌『Domani』のビジュアルエディターに就任し、モデルだけにとどまらずエディターとしての仕事もスタートさせている。

▼望月芹名さんからのメッセージ

―撮影の感想

学生の頃から走ることがだいすきで、ずっとトライしてみたかったフルマラソン。お仕事で挑戦できるなんてラッキー!と嬉しかったのですが、42キロは未知なる世界。同じく初挑戦だった楓ちゃんと一緒だったからこそ走り切れたし、初対面とは思えない絆が生まれたと感じています。


―ランナーに一言
練習をはじめてから本番まで、そして撮影が終わってからも、もうCW-Xなしでは走れません。こんなにも違うのか!というくらい足の運びと疲労感が変わりました。それでも、いま1人で走れと言われたら42キロ走りきる自信はありません。マラソン大会は、本当に自分が持ってる以上の力が湧いてきます。数え切れない人たちが応援してくれるあのパワーを、ぜひ皆様にも感じて欲しいです。

Wacoal
↑TOP