あなたの夢中を、応援したい。 Be a better you Project by CW-X

いつもCW-X とともに頑張っているみなさんへ
夢中だからこそ、真剣になれる。
夢中だからこそ、楽しめる。
CW-X は、
そんな「夢中になっている⼈」を応援します。

自分の怖さを乗り越えられる

アスリート

イチローさん

ウェアへの絶対的な信頼があったから、常にパフォーマンスに集中できました。「カラダがいつもと違うよって」ってウェアから僕に教えてくれるような感覚があります。カラダの変化やコンディションを知るという意味でも、CW-Xを今後も着⽤し続けると思います。

機能性ウェアの魅力を発信していきたい

会社員

福士 加代子さん

着用している状態としていない状態だと、カラダの動かしやすさや安定感が全然違うんです。競技者としては引退しましたが、カラダを動かし続ける限りは今後も着用し続けると思います。

レースに意識を100%向けられる

スピードスケート選手

髙木 美帆さん

フィット感‧ホールド⼒‧快適性など、CW-Xの機能やバランスが⾃分に⼀番合っていると感じていて、今ではなくてはならない存在です。競技を引退したとしても、運動をする限りはCW-Xを使い続けると思います。

お客様に満足いただく演技を続けたい

劇作家・演出家・役者

野田 秀樹さん

CW-Xはシンプルかつスタイリッシュで、コーディネイトの邪魔をしないんです。衣装デザイナーからも「これならOK」と言われているので、役者を続けている限りは手放せないと思いますね。

アメリカンフットボール

ホークアイ 木口屋 竹志さん

My favorite item
CORE MODEL
ボディバランスアップスパッツ
股関節サポート
品番:BCO101
Web store
Q1いつからCW-Xを着用していますか?
5年ほど前から着用しています。
Q2どのようなシーンでCW-Xを着用していますか?
トレーニング・試合に関わらず、アメフトをするときは必ず着用しています。
Q3なぜCW-Xを着用するようになったのでしょうか?きっかけを教えてください。
学生時代からアメフトをやっていて、社会人になってから一度辞めていたのですが、5年ほど前に復帰しました。その際に友人に勧められたのがきっかけですね。
Q4股関節サポートを選んだ理由は?
私はオフェンスラインというポジションでプレーしています。オフェンスラインは相手選手とぶつかりあって、ボールを運ぶための道を作るポジションです。相撲のように相手選手とぶつかりあうので、下半身のパワーや安定感が重要になります。そこで、友人から「オフェンスラインにぴったりなウェアがあるよ」と紹介してもらったのが、股関節サポートでした。
Q5CW-Xを着用したときに感じた印象を教えてください。
股関節が支えられて、安定する感覚が最初の印象です。着用前よりも下半身が安定して、足を動かしたり、ふんばったりする際の安定感が格段に上がったなと感じます。
Q6CW-Xがパフォーマンスにどのような影響を与えているかを教えてください。
着用前にひざをケガしたことがあって、それ以降カラダがひざを無意識にかばうようになってしまったのか、負担が股関節に集中していたのです。それによってパフォーマンスが低下した感覚があったのですが、股関節サポートを着用したことで下半身の安定感が増して、安心してプレーができるようになりました。
Q7今後もCW-Xを使い続けたいと感じますか?またその理由も教えてください。
はい。パフォーマンス向上のためにも、今後もはき続けると思います。CW-Xを忘れたらプレーするのが怖いと感じるほど頼っているので、自分にとって欠かせないアイテムですね。
Q8今後の目標と「なりたい自分」について聞かせてください。
今は社会人リーグの2部に属しているのですが、1部昇格を目標にしています。また、社会人生活をしながらできるだけアメフトを長く続けたいというのが個人的な目標です。どちらの目標を達成するためにも、今後もCW-Xに支えてもらおうと思っています。

ボルダリング

ロックメイト 福本 洋一郎さん

My favorite item
ジュウリュウ® トップ
肩甲骨サポート
品番:JAO090
Web store
Q1いつからCW-Xを着用していますか?
ボルダリングをはじめる以前にマラソンをしていて、その際にCW-Xのタイツを試してみたのが最初ですね。その際に姿勢が良くなってカラダが動かしやすくなる印象があったので、ボルダリングにも使えるのではと感じ、ジュウリュウトップを着用しはじめました。
Q2どのようなシーンでCW-Xを着用していますか?
ジュウリュウトップはボルダリングをする際はいつも着用しています。
Q3なぜCW-Xを着用するようになったのでしょうか?きっかけを教えてください。
ボルダリングで壁に向かっているときって、どうしても背中が丸まりやすいのですが、そうなると肩甲骨の可動域が減って、手が伸びる範囲も制限されてしまいます。ジュウリュウトップを着用すると肩甲骨のサポートによって自然と手が伸びやすくなりました。そこで、ボルダリングにも良いのではないかと思ったのがきっかけですね。
Q4CW-Xを着用したときに感じた印象を教えてください。
カラダが動かしやすい「良い状態」を自然に保つことができるというのが最初の印象ですね。
Q5CW-Xがパフォーマンスにどのような影響を与えているかを教えてください。
ジュウリュウトップを着用すると、自然に肩甲骨の可動域が広がります。そのため、より遠くまで手を伸ばすことができるようになるんです。着るだけで少しレベルアップできてしまうような、そんなウェアだと思いますね。
Q6今後もCW-Xを使い続けたいと感じますか?またその理由も教えてください。
はい。カラダを動かすときも、自分にとってはなくてはならないアイテムになっているので、今度も使い続けると思います。
Q7今後の目標と「なりたい自分」について聞かせてください。
ボルダリングというスポーツをより多くの人に楽しんでもらうというのが目標です。そのためには、技術だけではなくて、長く楽しむための準備なども合わせて伝えていく必要があると思っています。ボルダリングはその他の競技に比べると、ウェアやアイテムの進化が少し遅れていると思っていて、プレイヤーの意識もまだ十分ではないと感じています。目標を達成するための一環として、パフォーマンスの向上につながるパフォーマンスウェアの機能や実用性も伝えていきたいですね。

看護師

太田 美紀さん

My favorite item
ジェネレーターモデル2.0
品番:HZY399
Web store
Q1いつからCW-Xを着用していますか?
看護師3年目の頃にはじめて着用しました。25.26歳だったと思うのですが、それ以来、勤務の日は必ず着用しています。
Q2CW-Xを着用したきっかけを教えてください。
看護師の仕事は、ひざや腰などの下半身に大きな負担がかかるんです。私は外来と救急病棟で働いているのですが、患者さんを持ち上げたり、病院内を走り回ったり、一日中座ることができない日もめずらしくありません。20代前半までは特に意識することもなく働けていたのですが、20代中盤に差しかかったタイミングで下半身にかなりの負担を感じるようになり、何かいいものはないかと探し始めたのがきっかけです。
Q3カラダをサポートするウェアはさまざまな種類があると思うのですが、CW-Xにしたのはなぜだったのでしょうか?
同僚がおすすめしてくれたからですね。私よりも10歳ほど年上の方なのですが、疲れ知らずというか常に元気に動き回っている人で、元気の源は何なんだろうと思って聞いてみたんです。すると、CW-Xをはいているとのことで、私も着用してみることにしました。
Q4CW-Xを実際に着用してみた印象はどうでしたか?
タイツ一枚でそんなに変わるのかなって最初は半信半疑でしたね(笑)。ただはいてみると、下半身が支えられているような印象があって、これはいけるかもと思いました。実際にはいてみると、患者さんを持ち上げたり抱え上げたりするときに踏ん張りがきくというか、力がかなり伝えやすくなったような感覚がありました。タイツ一枚でこんなに変わるんだって驚いたのを覚えています。
Q5CW-Xがパフォーマンスにどのような影響を与えているか教えてください。
下半身の使い方が正しければ、足腰の負担はかなり軽減されるんですね。CW-Xをはくことでカラダが正しく動くように姿勢が矯正されて、力を入れやすくなりましたし、無理に動かしていないのでカラダの負担も大幅に軽減されました。また、今まで無理にカラダを動かしていたんだなと気付かされたのも、CW-Xを着用してよかったと感じるポイントです。
Q6今後もCW-Xを使い続けたいと感じますか?またその理由も教えてください。
もちろん使い続けたいと思っています。同僚や先輩など、長くこの仕事を続けている人の中には腰痛やヘルニアになる方も少なくありません。また、集中力を要する仕事なので、無駄なことに注意が向くのをできるだけ減らす必要もあります。カラダへの負担を減らし、より仕事に集中するためにもCW-Xは私にとって欠かせないアイテムです。
Q7最後に今後の目標について聞かせてください
できるかぎり長く、看護師として働き続けたいですね。そのためには、とにかく日々のカラダの負担を減らすことが重要なので、今後もCW-Xを着用し続けると思います。

取り扱い