CONDITIONING MAGAZINE

五明祐子 vol.3 旅とランニングはすごく相性がいい

20161219-01.jpg

【vol.3】 旅とランニングはすごく相性がいい。

旅行とランニングを融合させた"旅ラン"が、現在のライフワークであり生きる喜びだと語る彼女。その魅力を聞きつつ、オススメのコンディショニングや育児と仕事の両立について、そして今後の目標について語ってもらいました。

些細なことでもいいから、ネガティブなことを排除する。

20161219-02.jpg

――般の方でも取り入れられる、オススメのコンディショニングはありますか?

「睡眠とランニングで大抵のことが解決できるとしか言いようがないんですけど(笑)、あとはやっぱりネガティブなことを排除することかな。身のまわりのことから少しずつできるんですけど、例えばボロボロのタオルを新しいものに替えるだけでも気分が変わる。本当に些細なことでもいいから、ネガティブなことを排除するのはいいと思います。

 4年前に家を建てたんですけど、オープンキッチンにするかしないかで夫と揉めて(笑)、絶対に私はオープンキッチンにしたくなくて。キッチンをキレイに保てる自信がないし、キッチンまわりのアイテムたちって生活感があるから、スペースとして独立させたいなと思うんです。話しながら料理をするのも、"別にいらん!"と思ってしまうタイプなので(笑)。キッチンが独立してると料理にも集中できるし。」

  

――食事もカラダにいいものを選別して摂ることが多いですか?

「過剰に意識はしていないですね。でも最近は、植物油脂やトランス脂肪酸が入っているものは避けるようにしています。市販のお菓子にもかなりの確率で入っていて、お煎餅にも入ってるの!?って驚くレベルで。特別ストイックなわけじゃないですけど、選べるんだったら低温圧搾法で抽出された油やオリーブオイルを選びますね。」

20161219-03.jpg

――仕事と育児を両立させるための工夫などはありましたか?

「息子はもう成人したので手が離れているんですけど、育児中はとにかく人に見てもらわないと働きにいけないから、いろいろな機関や人に協力してもらいました。女性が働く家族にとっては今もその問題が課題として残っているけど、私も子供が小さかった頃から預かってくれるところが少なくて、友達や家族、近所の方、みんなに協力してもらいました。突然撮影が入ってしまって迎えに行けなかったり、熱が出たから迎えに来てほしいと言われても、撮影中だと迎えに行けなくて。でも今思うと、たくさんの人に育ててもらったのは良かったかもしれない。自分1人で抱え込むのは精神的にも負担がかかるし、子供にとってもいろいろな人に可愛がってもらうほうが感性が育まれるのかなと思う。」

ランニングと旅をセットで楽しんでいます。

20161219-05.jpg

――いろいろな人の手を借りるというのは、仕事と育児を両立させるための秘訣ですよね。では、五明さんの趣味は?

「やっぱりランニングが趣味になるのかな。10月に東日本大震災の復興支援のためのチャリティーマラソン大会『パラカップ仙台』に8人で行って、2チームに分かれて走りました。仙台空港のエリア周辺を走るリレーマラソンだったんですけど、ランニングと旅をセットで楽しんでいる感覚はありますね。旅とランニングはすごく相性が良くて、走りながら観光もできるし食事も美味しいし、温泉でカラダを休めることもできるじゃないですか。"旅ラン"は趣味に近いかもしれないですね。今まで走ったフルマラソンはすべて沖縄で、それも走って地元の美味しいものを食べて観光して帰ってくるので、結局は旅ランになってしまいますね(笑)。」

――旅ランはいい切り口ですね。

「どうしても旅に行くと"ラン"をくっつけてしまうんですよね。海外旅行先のランもいいですよ。以前、ロケでパリに行ったんですけど、日本と海外では走っているときの感覚が全然違うんです。車から見る景色とも違うし、自転車や歩く速度とも違う。街並みもすごくキレイなので、下見的な感じでグルっと街を走れば、後でゆっくり観光することができるので。」

20161219-04.jpg

――これからチャレンジしたいことや目標を教えてください。

「特に野望はないですが、健康第一で元気にいたいなって。仕事もプライベートもそうですけど、なるべく波風を立てないよう穏やかに。今までカラダを壊したり病気をしたりもなかったので、基本的な生活が一番大事というか。自然体で自分に合ったペースで生きていくことが、大事なのかなと思います。」

20161219-06.jpg

文/溝口元海

五明祐子さんvol.1記事へ

五明祐子さんvol.2記事へ

【PROFILE】


五明祐子 YUKO GOMYOU

1973年生まれ、神奈川県出身。

18歳の頃、応募総数5,029通の中から雑誌「non-no」のモデルとしてデビュー。

30歳で雑誌「LEE」の看板モデルとして確固たる地位を確立し、その後、数々のCMやファッション誌を中心に活躍。

現在は「RunGirl」のメンバーとして、マラソン大会「RunGirl☆Night」をはじめイベントの企画等も手掛けている。


bnr_men.png bnr_women.png

bnr_shop.png bnr_webstore.png

  • facebook この記事をシェアする
  • twitter この記事をツイートする
  • Mail この記事をメールで送る
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Mail