CONDITIONING MAGAZINE

稲沢朋子 vol.1 自分の理想像をイメージすることが大事

inazawa25th-10-01_.jpg

【vol.1】 40代の変化を敏感に感じています。

38歳でモデルデビューを果たし、現在は女性ファッション誌『STORY』の表紙モデルを務めるなど、同年代の女性から絶大な人気を誇る稲沢朋子さん。モデル業を続けながら母親業もこなす稲沢さんにとって、コンディショニングは切っても切れない存在。果たして、コンディショニングとどのように向き合っているのだろうか。

まずは自分の理想像をイメージすることが大事。

――まずは、稲沢さんの現在の活動内容を教えてください。

「メインのお仕事はファッション誌『STORY』のカバーモデルです。あとは、カタログやイベントにも出させてもらっています。」

――稲沢さんの中でのコンディショニングの定義は?

「毎日を楽しく快適に過ごすために、ツラくて我慢があっても、やるべきことだと思って取り組んでいます。」

――昔と今で、カラダに対して意識の変化はありますか?

「やっぱり年齢はあるかな。20~30代は寝て起きたらコンディションが復活していたのが、40代に入ると疲れの取れ方が違うなとか、そういう変化は敏感に感じています。食べ過ぎたから翌日に胃もたれするとか(笑)、年齢とともにアクションが変わってきているから、翌日の自分を考えた時にそれに対応しないといけないなって。その日の行動が翌日に起きて、後悔から日々学んでいった感じです。」

――実際に取り入れた調整での失敗例、成功例があれば教えてください。

「失敗例はたくさんあります(笑)。この仕事をしていると化粧品も"あれがいいよ、これがいいよ"って色々な話は聞くけど、肌質だったり代謝の良し悪しがあるから、結局は人それぞれなんですよね。トレーニングに関しては、男性のトレーナーがついていた時、どういう自分になりたいかを伝えていなかったから、筋肉がすごくついてしまったこともあって(笑)。女性らしさを失いかけた時があったので、まずは自分の理想像をイメージすることが大事だということを学びました。」

――いろいろな方法を試してきた中で、自分なりのコンディショニングを見つけていったんですね。

「はい、食べたい物は食べるけど、翌日にしっかり調整する。"それ私食べられな~い"っていうのだけはしたくない(笑)でも、表紙に出させてもらっているので、どうしてもまわりのスタッフの方に"少し顔が丸くなったんじゃないですか?"ってすぐに言われちゃう。最近は言われることも少なくなりましたけど。」

考えながら常にカラダは動かしています。

inazawa25th-10-04-.png

――オフはどのように過ごしていますか?

「オフの日は、"メンテナンスをする日"って決めてるんです。友達とスパに行ったり、美容院やクリニックで点滴を打ったり、マッサージやジムに行く時も。あとは体幹トレーニングで体幹の鍛え方を教えてもらったり、電気マッサージで矯正してもらったり、考えながら常にカラダは動かしていると思います。」

――ではオフでもソファに横になって...ということはないんですね。

「横になるのは寝る時だけですね。だからすごいですよ、ベッドに入った瞬間に寝ちゃう(笑)。部屋が暑いと思ってクーラーを入れるじゃないですか? 部屋が冷えたのかも分からないくらいの早さで寝ますから。」

――精神面でのコンディショニングも必要じゃないですか?

「子どもたちが手から離れたので、2歳と4歳の姪っ子ちゃんたちに孫のように何でも買ってあげるのが幸せ(笑)。子供と遊ぶのは体力がいるんだけど、私のことを純粋に受け入れてくれるから、感情表現という部分で逆に学ぶことが多いんです。そんなにひねくれて考えず、素直に受け止めればいいんだって。だから優しくさせてもらえるし、心が洗われる瞬間かな。」

文/溝口元海

稲沢朋子さんvol.2記事へ

稲沢朋子さんvol.3記事へ

【PROFILE】


稲沢朋子 TOMOKO INAZAWA

1974年、横浜生まれ。2011年、38歳の時に『STORY』の読者モデルとして初登場。

2013年からプロモデルとして活動を初め、その明るい性格と笑顔で同世代の女性から圧倒的な支持を得る。

2015年、初登場からわずか4年で『STORY』のカバーモデルに大抜擢。

2人の大学生の子供を持つ母であり、モデル業と母親業をこなしている。


bnr_men.png bnr_women.png

bnr_shop.png bnr_webstore.png

  • facebook この記事をシェアする
  • twitter この記事をツイートする
  • Mail この記事をメールで送る
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Mail