CONDITIONING MAGAZINE

完走請負人!牧野 仁さんに聞きました。PART1

~マラソンを完走するためのコンディショニング PART1~

各地のマラソン大会、楽しんでいますか?
これからの大会に向けて、ココロとカラダの準備はいかがでしょうか。

「京都マラソン」では第1回大会からCW-Xと一緒に、コースガイドでランナーのみなさんをサポートしてくださっている"マラソン完走請負人"の牧野 仁さんに"CW-Xの走る広告塔"岡部 真由美が「マラソンを完走するためのコンディショニング」についてお伺いしました。

『走ることは、カラダの健康だけでなくココロの健康にも繋がります。』 

20161214-01-top.jpg

京都マラソン本番まで、大会約2カ月前になりましたね!

みなさん大会に向けてトレーニングはもう始めていますか?これから始める方や始めたばかりの方は

①まずは2時間または20㎞を目標に走ることを心がけましょう。

②次に上りと下りの坂道練習や階段を使ったトレーニングをしましょう。

-----

・練習時から姿勢は大事です!特に上り坂で後傾もしくは腰が落ちていると、きつくなります。姿勢良く、意識して走りましょう。

上り坂は小股で歩幅を狭くして脚に負荷をかけないように走るのがポイントです。目線は真っすぐより斜め下を見ることを心がけてください。上り坂の練習は、より強みを増し大きな自信にもつながりますよ。

-----

「京都マラソン」は制限時間6時間、出場ランナー約16000人。

2016-12-14-04.png

スタート時のタイムロスが10~15分もしくは20分かかることを想定すると5時間半でゴールできるくらいの練習をしておかないと後半もちません。

特に27km付近の「京都府立植物園」を越えてからが本当のマラソンです!

25㎞くらいまでは、まだまだカラダが動くように本番へ向け、

1月末を目途に最終目標を立てて、3~4時間または30㎞走れるカラダをつくりましょう。

「京都マラソン」は寒い時期の09:00スタート。

2016-12-14-06.png

準備を考えると本番同様、朝の5時もしくは6時頃に走る練習を入れ「朝方人間」にしてみるのも1つの方法です。

「京都マラソン」のコースは河川敷で風が強くなる可能性あり!

スクワットやランジなどの筋トレを入れて脚が最後までもつように鍛えましょう。

~京都で"初マラソン完走"を目指す方へ~

前半をどのように走るか?勝負は「京都府立植物園」!※27㎞付近そこからが本当の京都マラソンです。

残り15㎞程度になれば、次が32㎞地点から5㎞毎に刻んで、37㎞地点以降は、1㎞毎とさらに細かく刻んでいきましょう。気持ちが走ればゴールの「平安神宮」は目の前です!

前半は写真を撮ったり、景色を楽しむ余裕を持ち、1時間で8㎞くらいずつ、着実に前に進むことができれば、完走間違いなし!!

◆牧野さんからひとこと◆パワーメッセージ

せっかくの京都!完走後も満喫できるように、寒さや坂に負けない練習があなたを救ってくれるはず。年末年始も寒さに負けず、しっかり積み重ねていきましょう。

「京都マラソン2017」大会前日・前々日の2/17(金)・2/18(土)は、ランナー受付会場である "おこしやす広場"CW-Xブースにて毎年恒例のコースガイドも予定していますので、ぜひお楽しみに!!

2016-12-14-07.png

【左:WOMEN】

着用商品

アウタートップ(ジャケット) DWY700

アウタートップ DWY196

アウターボトム DHY586

GENERATOR ® MODEL REVOLUTION ® TYPE (ジェネレーター モデル レボリューション タイプ) DKY371

グローブ(保温) HYY544

【右:MEN】

着用商品

アウタートップ(Tシャツ) DLO100

JYURYU ® TOP(ジュウリュウ トップ) DKO071

アウターボトム DHO200

GENERATOR ® MODEL REVOLUTION ® TYPE (ジェネレーター モデル レボリューション タイプ) DKO671

【PROFILE】


牧野 仁(MAKINO HITOSHI)

有限会社スポーツネットワークサービス代表

アスリートのケガの復帰から、競技力向上まで、様々な知識と経験を駆使して、市民ランナーの指導を専門に行うJapanマラソンクラブを設立。

"マラソン完走請負人"として、テレビや雑誌などでも安全に楽しく、継続できるランニングを指導中。


  • facebook この記事をシェアする
  • twitter この記事をツイートする
  • Mail この記事をメールで送る
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Mail