コンディショニングの必要性

CW-Xは下半身をサポートする。

なぜスポーツタイツをはくの?

カラダを動かすとき、なぜスポーツタイツをはくのか。答えは「コンディショニング」という考え方にあります。
カラダがあたたまる前に運動したり、同じ動きを繰り返したり、筋肉の動きに負荷がかかると、「疲れる」「動きにくい」といった運動ストレスが起きてしまいます。 そのストレスをできるかぎり少なくし、カラダを守り、動きやすくするのが、スポーツタイツの役割なのです。

どのスポーツタイツを選べばいいの?

スポーツタイツには、一般的に保温や姿勢の保持などさまざまな機能があり、多くのメーカーから発売されています。 もちろん日常では、こうした一般的な機能のスポーツタイツでも十分かもしれません。しかしウォーキングをはじめランニングや競技などのカラダを動かすシーンでは、これだけでは足りないとCW-Xは考えています。なぜなら関節を保護できないからです。関節を保護できないということは、筋肉に加わる負荷が大きくなることになります。 そこでCW-Xが考えたのが、「テーピング原理」をスポーツタイツに応用するという発想です。 CW-Xは、1991年の発売以来、この「テーピング原理」を応用したスポーツタイツにより、カラダを動かす多くの方々に支持されてきました。

CW-Xは「筋肉をサポート」する。

ワコール人間科学研究所の膨大な研究データから生まれたCW-Xにしかできない技術。それが「テーピング原理を応用した筋肉をサポートするテクノロジー」です。
これにより、ひざなどの関節をサポートするとともに、筋肉をサポートするスポーツタイツが誕生。着地の際のひざへの衝撃をやわらげたり、カラダの軸をブレにくくするなど、他のスポーツタイツにはない機能を付加することが可能となりました。
一見デザインに見えるラインはただの模様ではなく、筋肉をサポートするサポートラインなのです。本体素材と伸度の異なる素材を、股関節からふともも、ひざ、ふくらはぎまで配置し、フィットさせる技術には、ワコールがガードルで培った技術が採用されています。
多くの方々に愛用されつづけている理由は、ここにあります。

すべてのスポーツにCW-Xスポーツタイツ。

運動時のカラダの状態をととのえるコンディショニングウェア、CW-X。 「テーピング原理」を組み込んだCW-Xのスポーツタイツは、動きの可能性を広げ、運動時の筋肉疲労を軽減し、カラダを守り動きやすくします。 ぜひ、この表を目安にサポートしたい部位や運動の目的に合わせて、多彩なラインアップからあなたにぴったりのタイツを見つけてください。

CW-X ボトムスについてさらに知る

コンディショニングの必要性